2017年7月15日 (土)

Apple IDを二段階認証から二要素認証に変更する

Apple IDは二段階認証と二要素認証を区別しているという前回の話の続き。
二段階認証を解除して、二要素認証に変更した際の手順となります。

iOSデバイスでの確認方法

現在のセキュリティ状況がどうなっているかは、iOSデバイスの「設定」で確認できる。
以下の画面キャプチャはiPadだけど、iPhoneでもほぼ同じ。

設定 - Apple ID

iOSデバイス「設定」にあるアカウント名をタップ ⇒ 「パスワードとセキュリティ」をタップ。

二段階認証が有効な場合は、以下の状態となっている。

二段階認証が有効な場合

二要素認証が有効な場合は、以下の状態となっている。

二要素認証が有効な場合

» 続きを読む

2017年7月12日 (水)

Apple IDが二要素認証になるよってメールが届いた

何週間か前、朝早くに何やら英文のメールが届いてた。
こんな時間から迷惑メールかよって、寝ぼけ眼でメールに目を通すと、Appleから送られた本物みたいな感じ。

ちょっと長いけど全文を引用するね。

Thank you for using two-step verification to protect the security of your Apple ID.
If you install the iOS 11 or macOS High Sierra public betas this summer and meet the basic requirements, your Apple ID (someone@example.jp) will be automatically updated to use two-factor authentication. This is our most advanced, easy-to-use account security, and it’s required to use some of the latest features of iOS, macOS, and iCloud.
Once updated, you’ll get the same extra layer of security you enjoy with two-step verification today, but with an even better user experience. Verification codes will be displayed on your trusted devices automatically whenever you sign in, and you will no longer need to keep a printed recovery key to make sure you can reset a forgotten password.
For more information, read Two-Factor Authentication for Apple ID. If you have additional questions, visit Apple Support.

う~ん。 寝ぼけた頭では理解が難しいけど、iOS11にすると二段階認証(two-step verification)から二要素認証(two-factor authentication)に自動的に変更されるってことかな?
まぁ、自動で変わるなら放っとけばいいか。 おやすみzzz...

ん!? 二段階認証と二要素認証って何か違うの?

どうでもいい話だけど、Google翻訳に先のメールを喰わせるとtwo-factor authenticationを「二段階認証」って訳す場合と「二要素認証」って訳す場合とがあるね。

» 続きを読む

2017年6月 9日 (金)

Googleブックマークが開かない(ループする)

自分は、PCのブラウザはChromeを利用している。 ブックマークは、本当によく使うものはブックマークバー、それ以外はGoogleブックマークを利用している。

今さっき、Googleブックマークを開こうとしたら、リダイレクトが無限ループみたいな症状を起こして開かない。 こんな時こそ、困ったときのGoogle先生頼み。 ググったらクッキー消せば治るって情報を海外のサイトで見つけた。

でも、すべてのクッキー消しちゃうのはちょっと抵抗あるな。

なので、CCleanerの設定変えて「*.google.co.jp」の除外設定だけを一時的に外してあげた。

CCleaner - クッキーリスト

そんでもって、CCleanerを実行したらきちんと開けるようになった。


2017年6月 4日 (日)

Windows10でコマンドプロンプトみたいなウィンドウが定期的にチラッと表示される

最近、タイトルの現象が発生していて、すごく気持ち悪い思いをした。

新しいアプリケーションをインストールしたとき、ログオン直後とかに1度だけ表示されるような状況はある。 でも、今回の現象は毎日のように発生する。 また、長時間利用していると定期的に発生している。

メインPCでは、いろいろやってるから、変なリンク踏んじゃって感染したかなぁ...でも、ウィル対策プログラムは無反応だし。 待てよ、新規ウィルスに感染してたらウィルス対策プログラムは意味ないか。

ちょっと調べるか。

翌日、会社のPC使って事例検索って、こっちでも同じ現象が発生するじゃん!
会社PCに関しては怪しいリンクを踏むような使い方はしない。 なんだ?

調査の結果、「OfficeBackgroundTaskHandlerRegistration」とかいうタスクが引き金になってるらしいと判明。

【参照】demandosigno - 何かのウインドウが一瞬開いて閉じる

確かに該当タスクが登録されていて1時間毎に起動されている。
ε= (*^o^*) ほっ
ウィルス感染じゃなかった。 よかったぁ。

このまま放置は気持ち悪い。 Webで検索した限りだと以下の二択になってる。

  1. タスクが起動しないようにする。
  2. 実行ユーザをSystemアカウントに変更して、バックグラウンド実行としてしまう。

こまめに起動しているってことは、必要だからなんだろうな。 だとするとタスクを無効化するのはちょっとイヤだ。 だからと言って、むちゃくちゃ権限が強いSystemアカウントで実行というのも考え物。
ちょっと迷って出した結論は、Users権限のまま邪魔にならないタイミングで実行するというもの。

特に難しい話ではない。 方針としては以下の3点。。

  1. 現状トリガーの修正(1時間ごとに繰り返す設定をやめる)。
  2. ログオン時に1回だけ実行してあげる。
  3. ロック解除時に1回だけ実行してあげる(スリープ復帰時に実行を想定)。

タスクスケジューラ

» 続きを読む

2017年5月29日 (月)

Hyper-Vの仮想ネットワークアダプターでNATを利用

最近は会社で配備されるPCがWindows10 Proとなっている。 ハードウェアリソースもそれなりにあるので、Hyper-Vを利用することが可能。

これで、ちょっとした機能の確認や手順書作りの画面キャプチャなら検証機を借りなくても済む。

早速Hyper-Vの環境を整えましょう。
まずは、外部スイッチを作成してと...あれっ?PCがネットワークに繋がらなくなってる。

なんでじゃ?
考え込むこと数分間...ピーン!
そういや、オフィスはMAC認証する環境だ。外部スイッチ作成したタイミングで、ホストのネットワークも仮想ネットワークに変わってMACが変更されたんだ!

管理者さんにMAC追加してもらおう。

でも、今欲しいのはクライアントPCだから、NATで十分なんだよな。 Hyper-VってホストPCをゲートとしたNAT構成って組めないのかな?
おお!最近になってできるようになったのか。 試してみよう。

“というわけでWindows10 ProのHyper-VでNATを利用した仮想ネットワークアダプターを構成する方法です”...と行きたいところなんだけど、自宅PCはSLATをサポートしていないのでHyper-Vを使って仮想マシンを構築できない。

Hyper-V

さすがに仕事で使っているPCの情報は公開できないので、WinNATの構成を行ったときに参考にしたページを紹介しておきます。

【参照】 @IT - Windows 10/Windows Server 2016のHyper-VでNAT(ネットワークアドレス変換)機能を利用する

ちなみに、実際に仕事で利用する際はネットワークの管理者さんに確認してね
NATを使うと対象VMが隠蔽されちゃう。出所不明の機器を繋がせないためのMAC認証なので、こっそりVMが立ち上がってる状況は想定外のはず。
申請しないでやると、会社のルールに抵触する可能性があるよ。


2017年5月28日 (日)

久しぶりにiPadを購入して思ったこと

ちょっと前の記事でも報告したけど、念願のタブレット(第5世代のiPad 9.7-inch 32GB セルラー)を手に入れました。

第5世代 iPad #1

個人的にはAndroid推しなので、ASUSのZenPad 3Sとか、HUAWEIのMediaPad M3とかを狙ってた。 でも、画面サイズとかAndroidタブレットのレビュー内容とかを考慮したら、結局iPadがベストという結論に落ち着いた。
本当はXperiaがよかったんだけど、SONYはタブレットから撤退しちゃったので...

スマホに関して、HUAWEIはアリだと思っている。
嫁と娘は、それぞれP9 LITENovaを使っている。 値段の割に十分なスペックがあること、余計なアプリがあまり入っていないことが好印象。

タブレット(MediaPad M3 8.4インチ)についても最後まで悩んだけど、どうしても10インチ程度の画面が欲しかったので断念。

--- 2017/06/03追記 ---
6/9に10インチ発売が決定したみたい。 もう少し待てばよかったかなぁ。
--- 追記ここまで ---

» 続きを読む

2017年5月20日 (土)

Windows10でiTunesが起動できない…再び

前々から欲しかったタブレット、いろいろ迷ったけど、半ば衝動的に第5世代のiPadを買っちゃいました。今まさにセットアップしている最中で楽しい時間を過ごしているところ。

セットアップにおいて、iTunesの楽曲入れるため、iPadをPC(Windows10)に接続したけどiTunesが上がってこない。おかしいないと思って、PCでiTunes単体起動しようとしたけどダメ。
前にも同じような症状になったことがあった。その時の原因はパーソナルFirewall機能。既にiTunesプロセス除外設定済みのため、今回は別の要因と考えられる。
依然トラブったときも書いたけど、娘も利用しているので、このPCでiTunes使えないのは致命的。

いろいろ調べていると「管理者として実行」とすれば起動できるとの書き込みをみつけた。試してみると確かに起動してきた。でも、娘のアカウント(一般ユーザ)ではこの回避方法は利用できない。

どうも、Creators Updateを適用したタイミングでダメになったように思える。しか~し、Anniversary Update状態はCreators Updateを適用後に速やかに削除済みなので後戻りできない。
(;^ω^)
ダメ元で「SC Info.sidb」と「SC Info.sidd」の削除やiTunesの再インストールを試したけど、当然のように効果なし。

他に糸口はないかと、検索範囲を日本語以外に広げてみたらこんな情報をみつけた。
Microsoft Community

BTTray.exeが影響しているのか。確かに常駐している。試しに削除。

タスクマネージャー

ビンゴでしたぁ(^^♪
バンザーイ!

» 続きを読む

2017年5月19日 (金)

システム手帳のリフィルを整理する

みんなはシステム手帳って使ってる?
自分は月間スケジュールと週間スケジュールを大雑把に把握するのにシステム手帳を利用している。
また、会議のときにメモを取る際、PC使うと集中できないのシステム手帳にメモってる。

長いこと使っていると、リフィルの枚数も増えてきて、手帳を閉じるのが大変になる。定期的に整理するんだけど、手帳から外したリフィルは後で見直すかもしれないとの理由から、それなりの期間は取っておいてた。

1年位前の予定やメモって振り返ることがよくあるんだけど、紙の状態で取っておくのはスマートじゃない。
最初はEvernoteの利用を考えたけど、当時は無料ユーザだったので月間アップロード容量が気になった。そこで、容量に余裕のあるOneNoteに保存するようにしてみたけど使い物にならなかった。

OneNoteが使いもにならなかった事象は大きく二つ。
まず、同期が遅くてダメダメ。 メモを見たいと思ったときに、いつまでたっても同期がされなくてイライラMAX。
また、日本語OCR処理もダメダメ。 具体的には、日本語の処理において、文字と文字の間に空白が入った状態で認識されてしまうという現象。 こうなると、単語として検索できなくなってしまう。
1年くらい前のことだから今は改善されているかも?今さら確認する気にはなれないけど...

そんなある日、リフィルを購入したときに、レイメイ藤井のRefill Stockerというアプリの紹介があることに気が付いた。
このアプリ、リフィルの画像をスマホ内部に保存する仕組み。今までデータをクラウドに保存して、様々なデバイスで確認できることを目指してたけど、スマホは常に持ち歩いているんだからクラウド利用に拘らなくてもいいか。

Refill Stocker

前置きが長くなったけど、ここからはRefill Stockerを使ってみた感想など述べてみようかな。

» 続きを読む

2017年5月 9日 (火)

車載用のBluetoothレシーバーがいいね!

自分は車通勤。通勤用の車に付いているカーオーディオはCD、ラジオ、外部入力のモードしかない。通勤用と割りきって買った中古のマーチなのでカーオーディオがあるだけでもありがたい。

出勤時は渋滞情報目的でラジオを聞くことが多いけど、帰りはのんびりとした気分で音楽を聞いている。

初めのうちは手持ちのCDを聞いていたけど、最近はCDなんて買わないのですぐに聞き飽きてしまった。

今時の音楽コンテンツは、スマホに保存が当たり前。そこで、次に試したのが、スマホのイヤホンジャックとカーオーディオの外部入力端子をステレオミニプラグで繋ぐ方法。

この方法だと音量がすごく小さいので、カーオーディオ側で音量を大きくして対応してた。でも、降りるときに下げ忘れて、次に乗った時にラジオを聞こうとしてビックリなんてことが度々あった。

毎回のミニプラグ接続とカーオーディオ音量調整が面倒になってきたので、Bluetoothのレシーバーを購入することにした。

予算とAmazonのレビューを参考にした結果、ハンズフリーフォンとしても使えるAmazonベーシック Bluetooth ハンズフリー車載用キットに決定。

» 続きを読む

2017年5月 5日 (金)

スマホでも物理キーボード

自分はフリック入力が大の苦手。LINEの返信が遅いとか家族にもバカにされている。
そんなだから、スマホで長文入力する際、物理キーボードが必需品。

長いことELECOMのBluetoothキーボード(TK-FBP013EWH)を使っていたけど、[CTRL]キーがイカれてしまったので、iClever Bluetoothキーボード(IC-BK04)を購入してみた。
IC-BK04はTK-FBP013EWHよりは大きいけど、スマホと一緒に利用していてもギリギリ許されるくらいの大きさ。

IC-BK04

上の写真はiPhoneだけど、自分がメインで利用しているスマホはXperia X Performance (^^;
なので、Xperiaで物理キーボードの使用感を中心としたお話です。

» 続きを読む

«auのiPhone利用を一時休止